私自身が親離れできていない

さて。

今日は親離れについて。

学生時代、地方で5年間一人暮らしをしていました。

なので、親離れはばっちりさ!と思っていました。

ですが、

帰ってきて親兄弟と同居して、心境って変わるものです。

一人暮らしをしたからこそ親のありがたみがわかる。

親と親密になると煮詰まるから兄弟のありがたみもわかりますが。。。

で。

昔は外国で暮らすんだ!インターナショナル万歳!!

くらいの気持ちでいました。

なんなら国際結婚もあこがれ!!

なんてね。

ですが。

私が外国にいる間に親の具合が悪くなったらどうしよう…

親も年を取るし、親の死に目に会えなかったら一生後悔する…

とか。

そんなことを考えるようになっている。

その昔の若いころは、

外国で暮らしてたら親の死に目に会えなくても仕方ない。

私はバリバリ仕事をするんだから、そんなこと言ってられない。

くらいの心持ちでした。

もうね。親がいなくなるとか考えると悲しいんですよ。

これ、独身だからというのもあるかもしれません。

まぁ、特別な感情ではないのかもしれませんけど。

とにかく、外国に行って暮らすぞ、と積極的に考えられなくなってるんです。

子離れ、とか言いますが、私の場合は完全に自分が親離れしていない。

いい年して、一人で生きていく覚悟ができていないことを感じます。

だから、荒療治として海外に行きっぱなしになってしまう、というのもいいのかも。逆に。

とかそんなことを考えるのでした。

Follow me!

投稿者プロフィール

音羽 風子
子供のころにスペインで生活していた期間があり、世界の大きさを実感し、自由に生活することに憧れる。趣味は、旅行、写真、お酒を飲むこと。
詳しいプロフィールはこちら。