寝る間が惜しいと思ったらこっちのもんかもね

こんにちは。

しばらくぶりになりました。

ちょっと面接などをしていたものですから。

バタバタしていました。

そして、精神的に疲れていました(笑)

慣れないことをすると疲れるってだけです。

さて、いろいろと思うことがありました。

新しい仕事をするにあたっては、

「何もできなくて当たり前」

と、周りは思ってくれています。

この周りのお気持ちを当たり前と思わず、努力することは当然です。

ただ、

「何もできなくて当たり前」

と思っていてくださることはありがたいことです。

少しは甘えてしまおうとは思います。

今日はそのことではなくて。

いろいろ心配事がでて頭がぐちゃぐちゃになっていたんです。

みなさん、採用される側がきにしてらっしゃるのは、共通しています。

「体力」です。

今までも体を張った仕事をしてきましたが、

サービス業ですと、本当に一日立ちっぱなしになります。

最近はありがたいことに、昼休憩は必ず1時間取らせてくれます。

なので、座れるのはこの1時間のみ、ということもざら。

…これがことのほかキツイ。

そして、一日が始まってしまうと、全員が目まぐるしく動き回ります。

最初はついていけないでしょう。

なので、いるだけで気付かれすると思うのです。

ここでも無駄に疲れます。

ほんと、へとへとだと思うのです。

さらに、

勉強をしないといつまでも素人と同じ状態です。

さて、勉強する気力が残っているのやら…

またさらに、

公務員ってものすごい休日が多いんですよね。

民間に移るということはそれがガクンと減るということ。

休日はもともとそんなにガンガン取らないほうだったので、大丈夫のはずですが、

休日があって休まないのと、

もともと無いのと。

精神的に変わってきます。

…私にできるんだろうか?

本当に続けていけるんだろうか??

そのようなことをグルグルグルグル考え続けていました。

そんなときに、滝沢カレンさんの記事を読みました。

なんでも、倖田來未さんのライブのバックダンサーとしてこっそり紛れ込んだらしいですね。

もともとクラッシックバレーのご経験者だそうですが、

勝手が違って本当に大変だったようです。

その中でカレンさんが、

「寝る時間が悔しくて、夢の中でも踊っていました」

とおっしゃっていました。

…おそらく、寝る時間が惜しくて、だと思うんですけど。

話は通じます(笑)

そう、これですよ、これ。

好きこそものの上手なれ。

寝る時間も惜しいほど上達したい!!

と思えるかどうか。

これが、続けられるかどうかのポイントだと思ったんです。

どうしてもやりたいことなら、

なんとかこなせるものなんじゃないかなぁ。

完全に根性論ですが。

なにしろ、やりたくもないことで一日へとへとになっていたんですからね。

忍耐力は自信がありますよ。

15年、忍耐力を鍛えてきたようなものですので。

なんか、話が取っ散らかってつながってませんね(笑)

つまり、

体力が心配、と言われて、私もそうだな…って落ち込んでいた。

考え直そうかなぁ、とか思っていた。

そこへ、カレンさんの記事を読んだ。

上達したい!と思うことがモチベーションとなって、体力を凌駕してくれるんじゃないか?

寝る間も惜しいと思えたらこっちのもんだよね。

忍耐力には自信があるしね。

という話でした。

ほんと、寝る間が惜しいって、最近では推理小説を読んでる時くらいですもん(笑)

と、まぁ、話がぐちゃぐちゃになりましたが。

そんな話でした。

それではまた。

Follow me!

投稿者プロフィール

Avatar photo
音羽 風子
子供のころにスペインで生活していた期間があり、世界の大きさを実感し、自由に生活することに憧れる。趣味は、旅行、写真、お酒を飲むこと。
詳しいプロフィールはこちら。