休職体験記

こんばんは。ぶーこです。

メンタル病み中です。

自分は適当な性格だし、適当に生きているので、こんなことになるなんて考えてもいませんでした〜


今日、メンタルクリニックに行って、昨日のパニックについて説明。

パニックなのかな??

と思っていたけれど、症状を説明したら、

「パニックですね」

とあっさり言われました。

とりあえず精神安定剤を飲みながらカウンセリングを続けましょう、

とのこと。

そして、とりあえず7月いっぱいお休みしましょうか、

ということになりました。

お休みです。

病気休暇です。

ついに自分が!!

仕事に行かなくていいという安堵感と、

このまま復帰できなくなるのではないのか…?

という不安でごちゃごちゃです。

ですが、仕事には行きたくなくて仕方ないので、休むことは正しいように思います。

この数日間、この仕事に行けなくなったら転職しちゃえばいい、とか

この間にいっぱい勉強して、投資の技術を身に着けよう!

とか思ってましたが、

定職がなくなることへの不安、転職してもうまく行くかわからない不安、お給料が減ることへの不安…

など、今の仕事から離れることへの不安が山のように出てきました。

この仕事を辞めたいと思っていても、実際には不安だらけだったことを思い知らされた数日間でした。

まだ飛び出す時期ではない。

という結論なんだと思います。

職場の上司と話をして、私が復帰することができるように考えてくれているようです。

それを聞いたとき、なんだかとても安堵してしまったのです。

出ていきたいと思っていたのに、まだいさせてくれようとしてくれていることに、心底安堵してしまったのです。

全然気持ちが固まっていませんでした。

仕事が嫌だ、と思っていたのに、そんなのは贅沢だったんだ、甘かったんだ、

ということにも気付きました。

人は無くしそうになると気付くものですね。

新たな仕事や世界への夢はあります。

ありますし、夢を持ち続けることは大切だと思うのです。

ですが、タイミングってありますよね。

心構えというか。

今回のことで、逆に外に出ていくときに必要な心構えが見えた気がします。

私には、まだ早い。

あれもこれも全部納得した上で、それでも出ていこう、今なら出ていける、と思えたら飛び出せばいいのかな、と。

さらに、気持ちのリフレッシュのお休みをいただいたと思って、やりたいように生活してみようと思っています。

ある意味、自由な時間を過ごしてみて、どう思うか。

ノマドがいいのか、オフィスに行って仕事をする方がいいのか。

そんなことも試させてもらえる時期にしようと思いました。

また、

休みが長引きそうなことを上司がみんなに伝えたようです。

それからいろんな人からの連絡が山のように来ました。

みなさんにすごく心配されていることを知りました。

自覚していなかったけれど、もても可愛がってもらっていた事を知りました。

このまま休み続けて、逃げるように辞めていくのはダメだな、と感じました。

一度は復帰して、みなさんにお詫びとお礼をしてからかな、と。

メンタルはキツイですが、色々な大切なことを知る機会となりました。

ありがたいことです。

Follow me!

投稿者プロフィール

音羽 風子
子供のころにスペインで生活していた期間があり、世界の大きさを実感し、自由に生活することに憧れる。趣味は、旅行、写真、お酒を飲むこと。
詳しいプロフィールはこちら。