病院に行って考えたこと。

こんばんは!

今朝はすっかりいつもと違うペースだったので書くのを忘れていました…

しまったしまった。

しかし…

仕事帰りの電車ですが、何かの匂いがレバニラ炒めの匂いに似ている…

そこはかとなく匂ってくる…

レバーが好物なので食べたくなるー!!


さて。

今朝は抜糸に病院に行きました。

それはいいのですが。

出掛けに父が、

何で行くの?

と聞いてきました。

何って…

徒歩10分強の場所なので、歩いていくに決まってんでしょー!

何言ってんのー!

と、返したのですが。

今朝は雨降り。

病院は坂をちょいと上る場所。

これ…

お年寄りにはキツイのかも?

と、初めて気づきました。

同時に、うちの父親も年を取ったことを実感してしまいました。

病院までの道のりは運動よ〜

なんて言えるうちはまだいいのかも。

病院に行くのもつらくなったら、バスに乗るのか、タクシーか。

お金があればタクシーでしょうが、流しのタクシーをつかまえるのもおそらく、億劫。

毎回呼ぶのもなんだしなぁ…

とか考えるのではないかしら?

バスは、バス停に行って、バスを待って、乗って、降りて、歩いて…

キツイのかもしれない。

お年寄りはどんどん増えていますが、どんなサービスがあるのかよく知らないことを知った感じ。

子供が生まれないのも大変な話ですが、

お年寄りのためのソフトも本当に身近な問題です。

Follow me!

投稿者プロフィール

音羽 風子
子供のころにスペインで生活していた期間があり、世界の大きさを実感し、自由に生活することに憧れる。趣味は、旅行、写真、お酒を飲むこと。
詳しいプロフィールはこちら。