労災手続きが面倒…

おはようございます。

珍しく土曜日にも書いてます。

昨日は仕事から帰って家に着いたのが9時になりました!!

いやー、大変だった!

業務が。

公務員って9時5時だとバカにして入庁したのに…

公務員って安定してるのが魅力、とか言いますけど。

このご時世、確かにいつ会社が潰れちゃうかもしれないのでその点ではマシな方かもしれませんが。

能力のある人は選ばないですよ。

頑張っただけ稼げるわけでもない、スキルが身につくわけでもない。

やめましょう。


さて。

公務員の悪口だけになっちゃうので…

本題。

労災…

本当は公務員なので公務災害ですが。

申請が降りました。

で、ここからが面倒。

病院に行って書類を書いてもらわないといけない。

いくらいくらの診療でー、振り込むなら振込先も必要でー

というのを、病院に書いてもらわないといけない。

同じ市内で指定病院だとめちゃくちゃかんたん。

書類を渡して終了でした。

救急車で運ばれた際に、預り金1万円を渡してきたのですが、

書類を渡して、預り金の1万円を返してもらって終わり。

かんたーん!30分かからない!

問題は、これから。

通院のために近所の病院に転医してしまったのが間違いでした…

まず、公務員の場合、自治体ごとに公務災害などに対応する基金の支部があるようです。

それぞれに様式が決まっている様子。

なので、家の近所ではこの様式だけど、職場の方の自治体ではこの様式。

と異なる。

となると、窓口で揉めることが容易に想像がつくわけです。

大きな病院だから慣れてるんじゃ?

とお思いでしょう?

何度か通院してわかってます。

全然わかってる人がいない、ということを。

パート的な方が多いのでしょう。

おどおどと対応されるか、もしくは高圧的。

なぜ受付でこんな対応をされないといけないのか??

と疑問に持つことばかり。

プロじゃないんか、あなた達は!

と言いたくなります。

と、まぁ、ついつい愚痴が出ちゃいましたが。

そんなこんなで、ちょっと仕組みが面倒くさい。

おそらく、

指定病院でその自治体の職員が治療を受けると、書類を渡して終了のようです。

そうじゃない場合は、書類を書いてもらって、受け取って、ナントカ部署に送る、と。

ここで不備が見つかったら、当然直さないといけないし。

そのため、病院に行く時間を作る必要があり、有休を使わないといけない、

となります。

なぜなら、都立病院は平日の5時までしか開いていないから…ううう…

失敗したー

なぜ都立病院を選んでしまったのか…

病院を選ぶのも大事なポイントですよ。

愚痴が交じったり、グチャグチャな文章になりました。

すいません。

Follow me!

投稿者プロフィール

音羽 風子
子供のころにスペインで生活していた期間があり、世界の大きさを実感し、自由に生活することに憧れる。趣味は、旅行、写真、お酒を飲むこと。
詳しいプロフィールはこちら。