この仕事で身につけたのは、人と話すことに抵抗がなくなったこと。人が好きなら話せるようになるから大丈夫。

公務員辞めたい病のぶーこです。

こんなにも向いてないと思っている仕事ですが、唯一役に立ったな、と思っているスキルがあります。

それは、初対面の人とでも話せるようになったこと。

共通項がわかっているとなお良しです。

窓口に来る人としゃべる、相手方に突然行って話す、などなど、しゃべるのが仕事のようなものです。

それもこれも、年を取ったからだとは思いますがね…

若い頃はあんなに緊張していたのに、今では脊髄反射でしゃべれます。

ただ、自分で、ここは自信ないんだよなぁ…、というところはダメです。

なので、ダメなところがないようにしておかないといけません。

そこはいつも、修行じゃ…、と思ってやるしかないですね。

(あと、どーうしても話せない方も中にはいます…これもまだ修行が足りん)


若い方で就職したばかりの方などは、

全然しゃべれないんだけど…とか、相手に自信満々に見せないとバカにされてしまうのに…とか、色々思うところがあるのではないでしょうか。

はっきり言って、ずっとやってればしゃべれるようになります!

ただし、しゃべりたい、しゃべれるようになりたい、と思っていないとダメです。

そして、相手にバカにされてしまう…と心配されている若者も多いかと思いますが、

バカにされて当たり前なのです。

だって、社会人としてはまだまだ未熟なんですもの!

いいのです。そんな時期は今しかないのです。

ベテランになると今度は間違いが許されなくなるので、今のうちに怒られたり注意されたりしておけばいいのです。

しょうがないなぁ、で済まされます!

でも、若いからしょうがないじゃんヨ、と開き直ってはいけませんよ。

そんな若者は可愛くないので、かわいがられません。


さて。

慣れるからしゃべれるようになるのだ、と書いてきたのに、全く救いのないことを言います。

人と話せるようになるには、向き不向きはあります。

やはり、いつまでたっても苦手、という人はいます。

私は、適当なトーク、名付けて「テキトーク」が得意です。

と書くと、は?と思われるでしょう。

適当ってテキトーだなぁ、ダメじゃん、と。

テキトークにも、技術が必要なのですよ。

これはおそらく、おしゃべり好き、人を喜ばせるのが好きならできます。

人が嫌い、あるいは怖いと思っているとできないと思います。

若い方で、仕事の合間なのに雑談なんてしてもいいのか…と考える方もいるかもしれません。

場を和ませるようなちょっとしたおしゃべりは、人と人との関係をつなぐ良い潤滑剤になる、と私は思います。

なのでわたし的に雑談は「あり」です。

これが、テキトーク、です。

場が和む、相手が笑ってくれる、そうしたら大成功だと思っています。

わたしって根本では人が好きなんだなぁ、と思いました。

というか、ピリピリイライラした雰囲気が苦手です。怖いのです。

そういう空気をどうにかしたいと思っていたので、テキトークができるようになってきたのかもしれません。

話したい、喜ばせたい、そういう気持ちがある人は、今はできていなくても、いずれ話せるようになります。


とにかく、私の数少ないスキルです。

ただ、まだ大勢の前で話をするときは羞恥心があり、場の空気を持っていくことが出来てません。

修行が足りませんなぁ。

大勢の前で面白おかしく講演会をするのが夢ですので、まだまだ修行が必要ですね。

Follow me!

投稿者プロフィール

音羽 風子
子供のころにスペインで生活していた期間があり、世界の大きさを実感し、自由に生活することに憧れる。趣味は、旅行、写真、お酒を飲むこと。
詳しいプロフィールはこちら。