少しのんびりした人を、バカにしていた自分を反省しました。

こんばんは。

また暑くなっちゃったので、背中は滝の汗です。

やっぱり年のせいかと落ち込むぶーこです。


さて。

新たに移った職場は、仕事自体のんびりしています。

職員の人もとてものんびりしていて…

というか、性格上、どうもテキパキ動けないようです。

じっくり考えて動くタイプでもあるようです。

そんな人を見ていると、

精神的に病気になったくせに、

イライラしてしまう自分がいました。

なんでささっと動けないの、この人!?

聞いちゃえば早いのになんで聞かないの!?

鈍いんだよな、この人。

などなど。

えらそうですよねー。

イヤなやつです。

私は休職してのこのこやってきただけのくせして。

ですが…

来月の仕事のシフトをその人が作っていたのですが、

それとなく、来月からどこまでなら行けそうかを聞いてくれたのです。

あまりにさり気なくて、最初は、

ハッ!?

何聞かれてんのかわかんないんですけど!?

ぐらいな態度で接してしまいました…

あ、そういうことかー

と気付いた瞬間、

私ってなんて悪い人間なんだ…

と反省しきりでした。

考えてみれば、

ただただ理解するのに時間がかかるだけの人で、人間そのものが悪いわけではないんです。

むしろ、のんびりしていていろんな人から嫌なことをされてきたんだと思うので、人の痛みのわかる優しい人なのかもしれないのです。

それなのに、一括でダメな人の烙印を押してたんですね。

最低です。

明日からは普通に接することができそうです。

Follow me!

投稿者プロフィール

音羽 風子
子供のころにスペインで生活していた期間があり、世界の大きさを実感し、自由に生活することに憧れる。趣味は、旅行、写真、お酒を飲むこと。
詳しいプロフィールはこちら。