ストレスや痛みをコントロールするのに日記が効果的らしい

こんばんは。

北海道が気になりつつも、日々の生活をしています。

ぶーこです。

今日は、Yahooニュースを読んでいて見つけた記事です。


元記事がどこかにいってしまったので、覚えている限りで…

悲しかったり悔しかったりといった、心の深層のネガティブな感情を日記に書くことで、心が開放されてストレスが発散することによって、自律神経なども整ってくるそうです。

例えば、

課長ってあんなこと言うなんてほんっとに嫌なやつ!!

というのは表層の感情らしいです。

課長は、自分が苦労して仕上げた仕事を認めてくれなくて、とても悲しい。

というふうに書くことで、深層の感情を解放することができる、のだそうです。

原因不明で体に痛みを抱えている方や、がんなどの疼痛も、

緩和したことが証明されているようです。

そもそも…

このブログを始めたのも精神の安定を図るため、自分の気持ちを整理するためだったはずなのに、

最近は自分の頭で考えることを放棄し、

言葉が浮かんできませんでした。

感情も、フラットといえばフラットでした。

知らない人が読むんだから…

で始めたのに、

色気を出して、知り合った方にブログの名刺などを配ってしまったのがいけませんでした。

あ、あの人が読んでるかも…

とか、余計なことを考えると書けなくなります。

気楽に気持ちを書いていきたいと、改めて思った記事との出会いでした。

Follow me!

投稿者プロフィール

音羽 風子
子供のころにスペインで生活していた期間があり、世界の大きさを実感し、自由に生活することに憧れる。趣味は、旅行、写真、お酒を飲むこと。
詳しいプロフィールはこちら。