徹夜や夜中に起きて活動できるのは、若さではなくて特性だと思うんです。

こんばんは。

気付いたらまた一日過ぎてしまっていました…

しょんぼり。

ぶーこです。


さて。

ゆうべは仕事の都合で2時半起きでした。

家にも帰れませんでした。

起きることは問題なく起きられるのですが、昼間に辛くて仕方ありませんでした…

体調まで悪くなってくる始末。

ホントに使い物にならないのです。

若い頃はいつでもバリバリだったのになぁ。

なーんて言う人もいますが。

私は若いころ、正確には10代後半から徹夜がダメなことを自覚していました。

体調が悪くなるのです。

大学生の頃も実験で徹夜をしましたが、後半はもうボロボロで、どうしようもありませんでした。

これは、体質的に合わないのかも、と。

言い訳ではありませんが。

夜ふかしをして普段の起床時間に起きる方がまだマシです。

これが不思議。

2時3時くらいの間を寝ていないとダメなのかもしてされない。

ということで、つらいつらい仕事でした。

早く仕事をあがれるとは言っても、つらいものはつらいですよね。

昨日は朝からそのことばかり考えていたので、ブログをすっかり忘れてしまいました…

いや、途中で一回思い出したんですよ。

書かないとー!と。

で、忘れちゃった…

やってしまいました。

ですが、勉強は続いていますよ。

今日は仕事の帰りが早かったのですが、帰ってから寝てしまいましたが…

リスニングだけは続けています。

聴き取れるけれど意味のわからない単語を書き出していって調べよう!

とウキウキ考えていたのですが、今日はダメ。

本当につらかったー!

Follow me!

投稿者プロフィール

音羽 風子
子供のころにスペインで生活していた期間があり、世界の大きさを実感し、自由に生活することに憧れる。趣味は、旅行、写真、お酒を飲むこと。
詳しいプロフィールはこちら。