腹を立てたら終わり。自分を高みに持っていくこと。

おはようございます。

新しい生活になかなか馴染めず、疲れています。

まだ全然勉強ができていません…

色々負けたくないのでやらないと、と思っています。


さて。

その話ですが。

新しい職場の上司がヒドイ。

相談して断られそうなことは勝手に決めてあとから報告されるという有様。

一時が万事、そう。

え!?知らなかったけど!?

それも私がやるの!?

という毎日。

新年度に入ってから毎日そんな感じです。

おそらく今後もそうです。

こちらの都合なんかおかまいなし。

そして、ありがとう、もなければ、ご苦労さま、の一言も、なし。

現場に出て走り回ってきて戻ってきた職員に対して、その態度は…

要するに、コミュニケーションが取れないタイプなんだと。

非常に腹が立って仕方ありません。

しかし…

家に帰ってくると、もうどうでも良くなる。

ということは、視野が狭くなってるということなのかなぁ、と。

視野を広く持つと、ホントにバカバカしい。

だって、上司のほうがおかしいのは明らかだから。

本気で怒るということは、同じレベルになってしまってるということ。

そして、相手が変わることを期待してるからイライラする。

相手はポンコツだから変わるわけはない。

それに、同じ土俵に立つこと自体が愚か。

なので、あらあらまたおかしなこと言ってるわ、また人望がなくなることも知らずに、可哀想ねぇ。

という気持ちになってやろうかな、と。

そういう人は孤立していくので。

もちろん、私から話しかけてやることはしません。

だって、私のほうがエライんだから。

オママゴトに付き合ってやろうかー、という気持ちで。

上から目線で見てみようと思います。

こんなことで腹を立てるのは本当に損。

そんなことに頭を支配されるならば、少しでも勉強しないと!!

Follow me!

投稿者プロフィール

音羽 風子
子供のころにスペインで生活していた期間があり、世界の大きさを実感し、自由に生活することに憧れる。趣味は、旅行、写真、お酒を飲むこと。
詳しいプロフィールはこちら。