嫌な人は、妖怪と思ってみる

おはようございます。

ここ2日ばかり、夜にチャートを見ることができています。

まだ眺めているだけ…の時間が多い気もしますが…

それでも見ないよりは見た方がいいに決まっている!!

真面目に続けます。


さて。

変な人って、どの職場にもいますよね。

どうしても尊敬できない上司とか、仕事をしない後輩とか、文句ばっかり言う同期とか…

一緒にいるとかなりしんどい。

ですが、ベタな方法。

ヤツらは妖怪だ!

と思うと、あら不思議!

なんか、ちょっと笑えてきますよ。

本当はイラストでも描ければいいんですが…

書いてみようかしら?

書けたらさらに面白いと思います!

うちの上司は、

「妖怪 よけいなことバカリ」

「妖怪 ため息婆」

「妖怪 手柄取りたガール」

で、全部

「コミュ障族」

なんです。

妖怪ウォッチです!!

「よけいなことバカリ」は、暇すぎると現れる。

必要のないことばーっかり、よけいなことばーっかりさも重要そうに気分でやり始める妖怪。

前に言ったこと、やったことは忘れちゃうのが特徴。

だから、自分が色々いじくり回した挙げ句、もとの状態に戻ることも多々。

「ため息婆」は、いつもいつも忙しそうで、ついついため息が漏れてしまう。

ときにはなぞの笑い声も聞こえる。

目の焦点は合わず、何を考えているか解読することはできない。

「手柄取りたガール」(これだけちょっと妖怪っぽくない…失敗作…)は、なんかよくわからないけど、マウンティングしたがる。

変な仕事を押し付けて、自分ではやらないのに、結果だけ横取りしようとする。

また、人間とは目のついてるところが違うので、変なところにこだわりを見せる。

人間にはそのこだわりはわからないけど、言うことを聞かないと不機嫌になる。

面倒だけど、適当に付き合ってあげるのが攻略法。

…こんなこと考えてみるんですよ。

まぁくだらないですよ。

くだらないんです。

けども、そうとでも思わないとツライだけ。

あと、書いてたら、

あー人間じゃないんだーそうなー

と思えるから、不思議と!

くだらない、けど、結構、良い。

Follow me!

投稿者プロフィール

音羽 風子
子供のころにスペインで生活していた期間があり、世界の大きさを実感し、自由に生活することに憧れる。趣味は、旅行、写真、お酒を飲むこと。
詳しいプロフィールはこちら。