毎朝見かける、同じ車両に乗り込む彼女

マンウォッチングが好きです。

ちょっと失礼なほど気になってしまう。

今朝もまた同じ彼女がやってくる…


毎朝、同じ車両に乗り込むために待っていると、

ちょっと遅れていつもやってくる、彼女。

背は私よりやや低めで、だいたい155cmというところか?

アンニュイな気だるげな空気をまとってやってきます。

いつも、アンニュイ。

彼女には世の中に楽しいことがあるのだろうか?

洋服はいつもだいたい黒っぽい。

アンニュイな様子にピッタリ。

ワイドのロングパンツにローヒールがお決まりだけど、今日は珍しくスキニーパンツ。

バッグは小ぶりで腕にかけるのが定番。

私の右側が彼女の定位置です。

私は扉の左側から、彼女は扉の右側から乗り込みたいから。

定位置に来るといつもどおり、

片足に体重を乗せ、もう片方は横にちょっと出して投げ出すスタイル。

うーん、アンニュイ。

そして、いつもどおり、

腕を組む。

いつも、腕を組んでいる。

歩きながらも、組んでいる。

なにかに腹を立てているのかしら?

…ワタシ!?

ワタシに腹を立てていらっしゃるの!?

のんきそうだから!?

そんな妄想もしてみたけれど、

彼女のアンニュイな雰囲気からは、ちょっと読めない。

なにか、ヒジョーに面倒なことに巻き込まれてしまっているのかしら…

腕を組んで、片足に体重を乗せ、斜め前を見て電車を待つ彼女。

世の中のなにかを憂いていることは確かだと思う、いつもの朝でした。

Follow me!

投稿者プロフィール

音羽 風子
子供のころにスペインで生活していた期間があり、世界の大きさを実感し、自由に生活することに憧れる。趣味は、旅行、写真、お酒を飲むこと。
詳しいプロフィールはこちら。