脚を閉じて座れない構造の人が多いのか?

今日は心に余裕があるのでいつも思っていることを追加。

電車に乗る機会が多いので、不愉快な思いもよくします。

たいして不愉快ではないけれど、気になる、という思いもよくします。

そんなもののうちの一つが、男性の脚おっぴろげ着席スタイル。

特に、隣に座ろうとしても少しも閉じていただけないとき。

…別に脚の長さをひけらかしたいのは構わないんですが、隙間に入ろうとしたときにどこか当たってしまわないか?とヒヤヒヤするのが嫌なんですよ。

たいがいそういう方は、血の気の多そうなように見えるし。

また、最近増えたのが、端の席で完全に背もたれに背中をあずけて斜めに座りながら、ずっとスマホをいじっておられる方。

これは男女問わずですが。

やや口が半開きになっているときも多くて、こちらもマンウォッチャーとしては気になるポイントではありますが。

自宅可のようなお振る舞いで…

脚がね。邪魔なんですよ。

目の前に立とうとした日には、どこに立ったらいいかわかんないわけです。

脚の間に立つのもオカシイじゃない。

ということで、電車の中での脚おっぴろげと投げ出し、ちょっと気にしたほうがよろしいかと存じます。

閉じられない構造である、と言われたら素直に白旗を揚げます。

Follow me!

投稿者プロフィール

音羽 風子
子供のころにスペインで生活していた期間があり、世界の大きさを実感し、自由に生活することに憧れる。趣味は、旅行、写真、お酒を飲むこと。
詳しいプロフィールはこちら。