努力しなくても人生とんとん拍子と思っていた疑惑

こんばんは。

昨日に引き続き、疑惑シリーズ。

昨日の話とも通じますかね。

私、なんとなく生活してればいつかどうにかなる、と思っていたフシがあるのです。

なんとなく昨日のデジャヴみたいですけど。

来世というわけではなく、この人生でも、なんかいいことが転がってきて人生とんとん拍子に良くなる!

という感じで、おとぎ話みたいなことを考えていたフシがある。

良いことはいつでもウェルカムだから、本人はのほほんと生きていればいいのである。転がってきたらキャッチすればいいのだ!

そう思っていたフシがあります…

賢明なみなさんはおわかりでしょうが、待ってたってそんないいことなんて転がってこないんですよ。

自分が動くから何かに当たるわけで。

どうやら人生どうでもよかったみたいです、私。

テキトーに生きていました。

海外旅行に行きたい!

って言っていたはずなのに、今まで行った回数3回くらい。

写真がプロ並みになりたい!

って言っていたはずなのに、カメラって最近触ったっけ??スマホのカメラは使うけど。

いい加減~

テキトーですね。

何事も努力をすればすべて叶う!とは思いませんが、

それでも、多少の努力はしないと人生って開けてこないんじゃないだろか?

この1年半、停滞して気付いたことです。

やたら内省はするので、自分のことは少しだけわかってきましたが、

なんの棒にも当たっていませんよ。

犬も歩けば棒に当たるので…犬だって歩かなければ棒にも当たりません。

これは証明されました。

カッコいい王子様なんてものにも出会わなかったし、

大金が手に入ったわけでもないし、

英語が身に付いたわけでもないし、

ましてはスペイン語がペラペラになったわけでもない。

なにもなし、です。

多少の努力は必要です。

引き寄せ云々にはまったときもありましたけど、

引き寄せだって結局はアクションが必要なんです。

なにか頑張って…頑張らなくても地道に何かをやっていればいつか道は開ける。

これはあると思うんです。

なにかをやっているわけでね。

本人が努力と思っていないことは理想的ですが、

多少の努力は必要です。

当たり前の話でした。

それではまた。

Follow me!

投稿者プロフィール

音羽 風子
子供のころにスペインで生活していた期間があり、世界の大きさを実感し、自由に生活することに憧れる。趣味は、旅行、写真、お酒を飲むこと。
詳しいプロフィールはこちら。