スペイン語習得記〜基礎編 ser動詞の確認とQué tal〜

サボっていたのでがんばります!

ブログを書くようになって、基本的なことを言葉にすることができないことに気付きました。

ですので、しばらく文法の復習を兼ねて基本を押さえていこう!という企みです。

まずは

「ser動詞」

ser動詞は、英語のbe動詞にあたります。

基本形:ser

意味:〜である

主に、性質や職業などを表します。

「私は〜です。彼は〜だ。彼女たちは〇〇です。」

です。

スペイン語、というかヨーロッパの言語は活用が多いのですが、スペイン語も一人称、二人称、三人称の単数と複数があります。

また、男性形と女性形があります。

まとめると、

【人が一人ずつの場合】

私(一人称、自分のこと)

(二人称、自分を中心にして向かい合っている人のイメージ。あなたではないところがポイント!)

彼、彼女、あなた(三人称、ここにいない第三者のイメージ。あなたについては後述)

【複数いる場合】

私たち(一人称、私を含めて複数人がいる場合)

君たち(二人称、自分の向かいにいる人たち)

彼ら、彼女ら、あなた方(三人称、ここにいない複数の第三者の人たち)

となります。

ser動詞の活用

soy(一人称単数)

eres(二人称単数)

es(三人称単数)

somos(一人称複数)

sois(二人称複数)

son(三人称複数)

お疲れ様でした。

さて、では主語は?

主語の代名詞

yo(私)

tú(君)

él/ella(彼、彼女)usted(あなた)

nosotros/nosotras(私たち男性、男女混合/私たち女性)

vosotros/vosotras(君たち男性、男女混合/君たち女性)

ellos/ellas(彼ら男性、男女混合/彼女ら)ustedes(あなた方)

「あなた」の取り扱いですが、君と同じく二人称なのですが、目上の方、年配の方など敬意を表したり丁寧に言いたいときに使います。

扱いは三人称の扱いになります。

そうらしいので、慣れるしかありませんね。

クセでどうしても、あなた、と言ってしまう…

主語の代名詞と動詞を組み合わせて

yo soy

tú eres

él/ella/usted es

nosotros/nosotras somos

vosotros/vosotras somos

ellos/ellas/ustedes son

となります!

動詞が活用されるので、主語の代名詞を言わなくても動詞だけで人称はわかる、ということです!

今日のセンテンス

¿Qué tal en Gusto?

NHKラジオ講座より。

例えば、お昼ご飯はどこに行く?と聞かれて答える場面。

「ガストはどう?」

なぜガストか…は意味はありません。聞かないでください。

Qué talは、あいさつでも使われる、どうですか?という意味。

あいさつでよく聞くので、こんな風にも使うのか〜、ということで選んでみました!

ちなみに、enは前置詞の「〜で」です。

ではまた明日も頑張ります!

Follow me!

投稿者プロフィール

音羽 風子
子供のころにスペインで生活していた期間があり、世界の大きさを実感し、自由に生活することに憧れる。趣味は、旅行、写真、お酒を飲むこと。
詳しいプロフィールはこちら。