メンタルクリニックに行ってみた

今日の用事というのは…

メンタルクリニックを受診することでした〜

いつか行ってみよう、と思っていましたが、

先日、パニック状態になった件で、これは時が来たかな、と思ったからです。

とにかく行ってしまえ!と思って行ってきました。

なにも考えずに行ったので、全然緊張することなく到着してしまいました。

クリニックの玄関前で、あれ、どういう感じなんだろ?と初めて思いました〜

まず問診票を記入。

しばらく待つと名前を呼ばれ、診察室へ。

【診察】

記録を取る書記の方が同席されました。

促されるままに、どういう状況か、どういう症状かをお話していきます。

問診票を見ながら、先生が少しずつ質問してくれるので、思うままに答えていきます。

時間にして、15分〜20分くらいだったかと思います。

診察の後、身体的なことが原因でないことを確認するために、血液検査のための採血を行いました。

服薬を処方された方は3ヶ月ごとに採血があるとのことでした。

【診断】

私の症状や状況など大したことではないと頭では思っているのだけれど、私には大変で…

もっと大変な状況の人はいるわけで、ただのわがままなのかもしれないな、と思っていたり…

たくさんの人を診察している先生からみてどうなのか、を聞いてみたかったというのもありました。

とにかく不安で、仕事がうまくできないかもしれないと考えると怖くて、頭の中でパニックを起こすことがあります。

お話しながら気付いたのは、パニックを起こしたとき、手足が痺れるような感覚があること。

そのようなことをお話しました。

ちょびっと、とはいえ症状が現れているので、たいしたことないとかわがままとは思いませんよ、と言ってもらえました。

今はまだ鬱まではいっていないけれど、この先どうなるかわからないので心配です、とも言ってくださいました。

自分の中で向き不向き、好き嫌いがハッキリしてるんでしょう、とのこと。

向かない仕事や嫌な仕事でもなんとかやれるものだけれど、人によって許容の幅が違うので、不安が大きく感じてしまうのでしょう、

ということでした。

すぐにどうこうということはないけれど、これからカウンセリングを受けたりすることで、少しずつ思考のクセを変えていくことはできると思いますよ、とのことでした。

私は投薬を希望しなかったのですが、希望があれば精神安定剤を処方してもらえます。

【感想】

先生にお話をするだけでとてもスッキリした気分になりました。

また、たいしたことないしな、わがままじょないかな、と思っていましたが、

感じ方は人によって違うので、

本人が辛いならそれはわがままではないのだ、

ということをおっしゃっていただけたのが本当に安心しました。

また、いつでも診断書を書いていただけるとのことだったので、何かあっても仕事を休むことができる、と思えたのも大きな心の支えになりました。

次は心理士によるカウンセリングを受けられるとのこと。

先生にお話することでだいぶ心が楽になりましたが、カウンセリングも受けてみようと思っています。

その内容はまたご報告しますね。

Follow me!

投稿者プロフィール

音羽 風子
子供のころにスペインで生活していた期間があり、世界の大きさを実感し、自由に生活することに憧れる。趣味は、旅行、写真、お酒を飲むこと。
詳しいプロフィールはこちら。