久しぶりの筋肉痛で思うこと

筋肉痛です…

家の中でスクワットして腹筋をして腕立て伏せをしただけなのに…

なぜか腹筋は痛くないので、足りてないのかも。

あちこちが痛くて動きがおかしいです。

とっても久しぶりに筋肉痛を味わっています!

うーん、筋肉が蘇っていく…

と書くと、ちょっとヘンタイ的ですが…

がっくり落ちていた筋肉が再生しようとして頑張っているのを感じます。

ここで、株の学校の先生の言葉を思い出しました。

「株価チャートの観察も筋トレです。」

売買できるポイントを見つけられるようになるには、毎日の積み重ねが必要、とのこと。

一朝一夕にできるものではなく、毎日の練習を繰り返すこと。

頭ではわかっていましたが、体が筋肉痛になって初めて実感したかもしれません。

最初はできないに決まっているので、ちょびっとずつでもやってみる。

すると、全然わからないことを実感したりして、心が折れそうになります。

これが筋肉痛みたいなものかな、と。

痛いからこれでやめちゃえ、と、投げ出してしまうと、せっかく少しずつ鍛えていたものがまったくのパーになってしまう。

スペイン語にしてもそうです。

少しできるようになってきたなーと思っているときに、もっと喋れる人を見て、嫌になってやめてしまう。

なにしろ面倒になってやめてしまう。

それではもったいなくて、伸びるきっかけにしないといけないんですよね。

筋肉痛に結びつけたのはかなりこじつけっぽいですが、多少苦しくても繰り返してやっていると、丈夫で強い筋肉になっていくということが言いたかったのです!

つい、毎日やらなくてもいいかー、と思ってしまいますが、

筋肉痛になって、ここでやめたらもったいないんだな、ということを実感として感じました。

もともと体育会系なので、体の感覚の方が実感しやすいんですね。

理知的ではないもので…

ということで、筋トレも勉強も、途中で投げ出したらもったいないよ、と言うお話でした〜

Follow me!

投稿者プロフィール

音羽 風子
子供のころにスペインで生活していた期間があり、世界の大きさを実感し、自由に生活することに憧れる。趣味は、旅行、写真、お酒を飲むこと。
詳しいプロフィールはこちら。