副業アカデミー学長 小林昌裕さんの著書「ふがいない僕が年下の億万長者から教わった「勇気」と「お金」の法則」出版記念セミナーに参加してきました

今日は、副業アカデミーの学長である小林昌裕(マサ)さんの著書、「ふがいない僕が年下の億万長者から教わった「勇気」と「お金」の法則」出版記念セミナーに参加してきました!

ちなみに、無料です。

マサさんの著作は2冊目です。

サインまでもらってきました。

マサさんは今は学長をされていますが、その前までは不動産投資、物販、セミナー開催と、色々なことで稼がれてきた方です。

現在は年間1億円の利益が出るまでになったそうです。

こう書くといかにも金の亡者でイヤなやつ、

という感じですが、

ご本人はなんとも好青年という感じの見た目です。

ふんわり柔らかそうな雰囲気で、おっとりしてそうにさえ見えます。

学長ということすら、本当に!?という見た目。

だまされます。

そんなマサさんが、今までコンサルタントしてきた方々の実話をベースにして書かれたのが、この本です。

ですので、ほぼほぼ実話だそうです。

本の内容は、一般的なサラリーマンが、億万長者の師匠と出会い、勇気を出して行動を起こし続けることで人生がガラリと変わった、という、おとぎ話のような話です。

実話なんですって〜

この本の中でマサさんが言いたかったことを話してくださるのが、今回のセミナーというわけです。

内容まとめ

マサさんが何度も何度も言っていたことは、

お金や生活を変えたかったら、

勇気=心のあり方=心構えが大事だ、ということです。

やり方(ノウハウ)も大切だけれど、心構えができていないと、

  • 決断
  • 行動
  • 継続

ができず、いつまでたっても成功できません、とのこと。

心が変われば、人生が変わる。

これもキーワードです。

成功しない人の特徴は、

  1. リスクを気にし過ぎてしまう
  2. 自分本位で考えてしまう
  3. 自分本位なのに決断は外部に依存する

人だ、ということ。

失敗は自分のせい、成功は人のおかげ

と考えられる人は成功する人が多いようです。

また、成功の鍵は、ヒントやチャンスに気付けるかどうか、ヒントやチャンスを掴めるかどうかが重要で、

それに気付けるようになるかどうかは

「日常の底上げ」が必要

とのことでした。

日常生活を底上げする方法は、

潜在意識にどうなりたいか

を根付かせること。

これは一朝一夕ではできないので、

  1. 結果を決める
  2. 紙に書く
  3. 言葉にする
  4. 行動する

この4ステップを行うことで、

成功不可避の状態に持っていく。

チャンスやヒントをつかめる状態になると、次のステップに進んでいける、人生がドンどう加速する

という内容でした。


潜在意識、というお話。

実は、あちこちのセミナーで共通して聞かれる内容でした。

潜在意識を変えることがとっっっても大事だ、ということを今回もまた聞くことができました。

やっぱり潜在意識って、キーワードなんですね…

紙に書いて目につくところに貼っておくとよい、ということを以前から聞いていたので、

今回はさっそく行動しましたよ!

目標設定

半年〜一年くらいの目標を立てるといいらしいです。

それ以上長くなると、どうも、ピンとこなくなる、という感じのようです。

私は仕事を辞めることと、株での収入をコンスタントに得られるようになることを目標にしました。

来年度いっぱいで…なんて言ってましたが、欲張って今年度いっぱいで、としました。

パソコンは毎日の学習で使おうと思っているので、パソコンのディスプレイに貼り付けましたよ!

毎朝起きたらパカッと開けて眺めようと思います。

ちなみに、この目標、達成できなくてもいいのだそう。

達成できなくても、限りなく達成に近いところまでは行くはずだ、とのことでした。


ノウハウも大切ですが、心構えは何でも重要です。

ノウハウを集めているときって、出来た気になって楽しいんですよね。

私はそんな感じでずっと中途半端で来ました。

今回は心構えについてじっくりとお話を伺うことができ、とても有意義でした!

まぁ……

一つだけマサさんの難点は、一生懸命お話しすぎて、枝葉が多くなってしまって、いっつも長くなること!

その点が我慢できる、という方は、お話を聞かれることをオススメしますよ。

気付きは非日常から得られるらしいです。

非日常のセミナーに参加することは成功の鍵のようですよ。

Follow me!

投稿者プロフィール

音羽 風子
子供のころにスペインで生活していた期間があり、世界の大きさを実感し、自由に生活することに憧れる。趣味は、旅行、写真、お酒を飲むこと。
詳しいプロフィールはこちら。