休職体験記〜カウンセリングを受けました〜

休職中のぶーこです。

今日はカウンセリングの日。

なんとなく重い気持ちを抱えながら、いざゆかん!

今日は時間の都合で、先生の診察のあとです。

なんか…

お芝居がかったようなリアクションの女医さんでした。

でも、あなたのことを心から心配しているのですよ!あなたの好きなようにしたら良いのよ!

という気持ちを示そうとしてくださっているのがわかったので、それはありがたいことです。

そして、カウンセリング。

前回と同じ先生にしていただきました。

心の中で、お母さん、とお呼びしています。

決して口に出して言っていませんよ!

今日もお話しているうちに、自分の心と向き合えました。

忘れていたこと、そういえばいつもこういう考えをしているな、という思考のクセ、

過去のこと。

私は、…しないといけない、

と考えるクセがついているようです。

また、対人関係において、強いものの側についていたい、という願望があるようです。

それは、安定した安心感がほしいからのようです。

それが、誰からも嫌われたくない、苦手な人にもうまいこと言って穏便に過ごそう、

という気持ちの方向に行くようです。

褒められると居心地が良くなるので、優等生でいようとしていた、ということ。

安心を得たいがために今の仕事をやっているけれど、やりたい、と満足できることとかけ離れているのでは?

ということです。

さて、では今の思考のクセはどこから来ているのか…

それは次回以降になりました。

タイムアップです。

私の症状なんてごく軽い、と思っていましたが、

ずいぶんと生きづらい考え方をしてきたようです。

カウンセリングなんて必要なのー?

と思っていましたが、

今の私に必要なのは、カウンセリングと休養だ、

ということがわかったのでした。

Follow me!

投稿者プロフィール

音羽 風子
子供のころにスペインで生活していた期間があり、世界の大きさを実感し、自由に生活することに憧れる。趣味は、旅行、写真、お酒を飲むこと。
詳しいプロフィールはこちら。