語学学習〜グループレッスンの難しさ〜

こんちには。

休職中のぶーこです。

昨日はシェア畑を見学して、その後友達とご飯を食べましたよ。

ご飯を食べ…いや、飲みすぎて、今日は朝から死んでました。

せっかくジムに行こうと思ってたのに…

気を取り直して。

今日は、語学学習、それもグループレッスンて難しいなぁ、と思ったことを書きます。

今年の3月、大好きだったスペイン語の先生が都合で日本を離れてしまいました。

そのことで、先生が担当されていたレッスンのグループが再編成されました。

人によっては、先生じゃないならもう通学をやめる、という方もいたりして、グループの解散、吸収などがありました。

私のグループにも、別グループの方々が移動してこられました。

さて、そんなこんなで。

以前はかなりレベルで細分化されていたのですが、いろんなレベルの方が集まってくる感じに。

私も対して話せる方ではありませんが…

かなりレベルが下の方がグループに合流されてきました。

それが悪いというわけではなくて。

理解度やペースに差が大きいと、どうしてもゆっくりペースになってしまう。

語学学習はお楽しみなので、躍起になるものではないですが、

刺激が少なくなってしまうことは否めません。

ちょっと上のレベルの方がいると、緊張するけれど頑張ってついていこう!

という気持ちになるもの。

かなりご年配の方ということもあり、あまりにもゆっくりペースになってしまったのです…

ううう…

悪口ではなく、困ったなぁ、という感じ。

ご年配の方が語学をやってみよう!

と思われることは、本当に素晴らしいことです!

レベルが近い人々が集まってやれることが、一番いいですよね。

おそらく、ご本人も恐縮してしまって、緊張してしまって、あまり良い結果にならないような気がします。

グループレッスンの良い点は、いろんな方がいるので、たくさん刺激をもらえるところ。

一方、難しいなぁと思うことは、レベルが揃っていないとお互いにツライことです。

嫌なら個人レッスン受けろよな!

とお叱りを受けそうですが、

嫌というわけではないのですが、

みんなが気持ちよく楽しくレッスンが受けられるといいなぁ、と思ったわけです。

では、私は今度からどうしたらいいかしら?

わからなそうにされていたら、教えてあげてしまっていいかしら?

それは余計なお世話かしら?

先生に失礼じゃないかしら?

とりあえず、次回は通訳してあげながらやってみることにします!

Follow me!

投稿者プロフィール

音羽 風子
子供のころにスペインで生活していた期間があり、世界の大きさを実感し、自由に生活することに憧れる。趣味は、旅行、写真、お酒を飲むこと。
詳しいプロフィールはこちら。