競争心は原動力になると思う

おはようございます。

今日は母方の先祖の墓参りに向かっております。

ちょっとした小旅行くらいの距離があるので、とても久しぶりです。

墓参りが久しぶりなったことを、まずは謝らないといけないでしょうね。

じいちゃんばあちゃん達に怒られます…

ぶーこです。


さて。

なかなか動く気力がなくなっていましたが、ようやくまた動き始める気になってきたことは昨日書きました。

で、なんでそういう気持ちになるかを考えてみたら、

昨日書いたように、何も成し遂げてないから、というのもあります。

でも、もっと大きな原動力はなにか、考えてみました。

私の場合。

悔しい!負けるもんか!

が、結局のところ一番強いことに気づきました。

浅ましい…

誰かと比較して、自分の方が上であることに、優越感を抱くんですね。

誰かのためになりたい、とか、自己研鑽とか、

そんな高尚な動機じゃないんです。

ちっぽけだー、と思うんですけどね…

ずっとそうやって生きてきたからかもしれないです。

個性的であることよりも、パッと見て聞いて、そりゃすごい!と言われるような何かになりたい、というのがモチベーションになります。

自分が進歩できるなら、その始めの動機は何でもいいのかもしれませんけどね。

非常に俗っぽいんです。ワタクシ。

で、最近は競争相手がおらず、そもそもどうなりたいかもはっきりしなくなり、ボーッとしていたようです。

やっと、競争相手を見つけました。

というか、思い出しました。

その相手のことについては内緒にさせてください!

心の中で戦っております。

とにかく、

心がボーッとし始めたら仮想敵を見つけること!

これが私には調子がいいようです。

Follow me!

投稿者プロフィール

音羽 風子
子供のころにスペインで生活していた期間があり、世界の大きさを実感し、自由に生活することに憧れる。趣味は、旅行、写真、お酒を飲むこと。
詳しいプロフィールはこちら。