そろそろ異動の内示

おはようございます。

温かいですね!!

むしろ、暑いくらい…寝てると。

でも、今夜は寒くなるらしいですね。

職場が遠いので、どうしても温かい時間には帰れないので、冬物のコートを持っていかないといけないという。

困っちゃう。

春に近づいてるということですね!

昨日はちらほらソメイヨシノも咲いてきているのも確認できましたし、花見をしながら帰ろうかしら。


さて。

うちの職場の異動の内示は異様に遅いです。

そして、だいたいこれくらいに発表、という基準もないという。

みんなで、だいたいこの日くらいじゃない!?

と当たりをつけるんです。

すごい迷惑。

辞めるときは人事課にこれも文句言ってやろう…

で、今日の午後あたりがアヤシイ。

人間ドックのドキドキが終わったばかりなのに、またドキドキです。

で、やはりこのタイミングでまた思いました。

早く、辞めよう。

この毎年のドキドキと、苦手な仕事の場所に行かされることを想像すると、本当に胸が苦しくなります。

要は、ちょっと私には耐え難い、ということ。

年を取るに連れ、年々辛さが増してきました。

もうそろそろ嫌な仕事は我慢できる忍耐力が無くなっています。

だから、勉強時間が少ないのが問題なんだってば!わたし!!

思ったことは本当になるそうです。

というか、なります。

なので、私は本心では辞めるのも怖くて嫌なんだと思うんです。心の底では。

怖い、ですよね。正直。

やっていける補償はないし。

後ろ盾になる社会的な立場もなくなるし。

そういうことを考えちゃうのです。

そうすると、結局そのとおりの人生になる。

だから考え方を変えないといけない。

嫌な仕事はしない。

嫌な仕事というのは、

  • 他人からマイナスパワーを浴びせらる
  • 休みの日に仕事に呼ばれる

この2点が究極に嫌です。

これを前向きな言葉に変えて、

  • いつでも誰もがニコニコしている
  • 休日はのんびりリフレッシュできる
  • 場所や時間がフレキシブル

そんな仕事のスタイルでやりたい。

こういうことは、前向きな言葉で考えることがポイントらしいです。

どういうふうに生きていきたいのか、どのようになりたいのか、具体的で前向きな表現を考えていきたいと思います。

そうすると、絶対に実現するので!

Follow me!

投稿者プロフィール

音羽 風子
子供のころにスペインで生活していた期間があり、世界の大きさを実感し、自由に生活することに憧れる。趣味は、旅行、写真、お酒を飲むこと。
詳しいプロフィールはこちら。