感情の老化は鬱の前兆かもしれないらしい

今日は2つ目。

今、テレビで、

「感情の老化」

なるものをやっていました。

まさに私のこと。


感情の老化の傾向を測るテストがあるようですが、結構な項目がありました。

  • 好奇心がなくなった
  • 同じ店で買い物しがち
  • 会話は同じ仲間ばかり
  • 新たなことを始めない
  • 異性への興味が減った
  • 昔より失敗を引きずる
  • 肉をあまり食べない
  • 最近イラつくことが多い
  • 最近 感動していない
  • アイデアが浮かびにくくなった

という項目があって、3つ以上当てはまると感情の老化の疑いがあるらしいです。

私、見事にかなり当てはまっていました。

好奇心、ないです。私の好奇心は只今行方不明です。

会話、同じ仲間とです。

新たなことを始める気力なし。

異性への興味がなくなっちゃったんだよなぁ。

最近めちゃくちゃイラつく!!

感動しなくなってしまったなぁ。

とこんな具合。

もしかしたら、自分の年齢40ということを気にし過ぎなのかもしれないですが…

テレビでは、なんにも興味がなくなっちゃった方が病院を受診したところ、鬱だという診断になった方も出ていらして…

うーん…

私、ちょっとあやしい。

いろんなことに興味があったはずなのに、なくなってる。

好奇心旺盛で自分の未来にワクワクしていたのに、もう死ぬことを考えている。

人生もうお終いだから、終活しようかな、くらい。

疲れてるんでしょうか。

ただかろうじて、本を読んだら面白いと思うし、最近会えなくなってる友達と会いたいと思うようになってきたし、ちょっと運動したいな、と思えるようになってきています。

鬱っぽい、鬱の入口くらいのところから、少し後退してきたのかもしれませんね。

ただ、それとは裏腹に、最近はイライラがひどいんですけどね…

首の痛いのもおさまりましたし、少しずつ良い方向に持っていけるように努力したいです。

Follow me!

投稿者プロフィール

音羽 風子
子供のころにスペインで生活していた期間があり、世界の大きさを実感し、自由に生活することに憧れる。趣味は、旅行、写真、お酒を飲むこと。
詳しいプロフィールはこちら。