これからの「仕事」についてコンサルティングを受けてきました(前編)

今日はこれからの仕事について、コンサルティングを受けてきました。

プロフィールでも書いていますが、私は現在地方公務員ですが、ずっとこの仕事が合わないなぁ、つらいなぁ、と思ってきました。

今後の人生を色々考えるきっかけがあり、今回思い切ってキャリアチェンジについて相談することにしました。

コンサルタントの方は、立花岳志さんのセミナーでお知り合いになった大杉潤さんという方です。
大杉さんは、ビジネス書を10,000冊以上も読まれており、毎日書評をブログに書かれているものすごい方です。

ご自身も銀行員という超安定した生活から、やりたいことを実現するために転職を繰り返し、ついには合同会社ノマド&ブランディングという会社を立ち上げたという経緯の持ち主です。

本も2冊出版されていらっしゃいます。

くわしくはこちらをご覧ください。

転職や起業といったご経験やたくさん読まれたビジネス書の知識をもとに、個人キャリア相談を行われています。
今回は1回コース90分(21,000円(税別))を受けてきました。

はじめの30分くらいで私の子供のころから現在に至るまでに興味のあったこと、好きだったこと、思っていたことなどをお話します。

そして、現在の状況や自分がどうなることが最終目標なのかを質問されます。

そのうえで大杉さんの豊富な知識や経験から今後どのように進んでいったらいいのか、アドバイスをいただきました。

定年後不安平積み

私は女性で公務員ということもあり、キャリアチェンジの相談をすると、必ずと言っていいほど「もったいないから辞めない方がいい」と言われてきました。

本当に、誰からも言われ続けてきました。

そのため、今回も結局は、「仕事と割り切って、贅沢を言わずに、やりたいことは趣味でやればいいじゃないですか」と言われるんだろうなぁ、と思っていました。正直。

ところがです。

大杉さんは、そんな単純なことはおっしゃいませんでした。

後編に続きます…

Follow me!

投稿者プロフィール

音羽 風子
子供のころにスペインで生活していた期間があり、世界の大きさを実感し、自由に生活することに憧れる。趣味は、旅行、写真、お酒を飲むこと。
詳しいプロフィールはこちら。